JaD.

月に2回のドイツ語Cレベルクラス。次回のテーマは Konsequenzen aus dem Wahlergebnis... https://t.co/mt1Y8QjE1Z

logo web II small

レベル判定基準、CEFR,GER について

JaD.では英語、ドイツ語レベルをCEFR(独:GER)によって

A1,A2,B1,B2,C1,C2と表します。

こちらではCEFR(独:GER)とは何か、

どのような基準でレベル分けされるかを

説明していきます。

自分が今どのくらいのレベルにあるか、

チェックしてみてください。

CEFRとは、

ヨーロッパ言語共通参照枠のことです。

(英:Common European Framework of Reference for Languages)

(独:Gemeinsamer Europäischer Referenzrahmen)

ヨーロッパ言語共通参照枠は

それぞれの外国語学習の進歩を判断するために定められました。

その目的はそれぞれのヨーロッパ言語のレベル証明を

比較可能にするため、そして言語取得の基準とするためです。

レベルの基準

A: 初歩的な言語使用
B:
自立した言語使用
C: 優れた
言語使用

これらが更に以下6つのレベルに分けられます:

 

 

A1 – 初級

日常的な表現、文を理解し使用することができる。

例えば自己紹介をすることができ、

相手の自己紹介を理解でき、質問をしたり、質問に答えることができる。

(どこに住んでいるか、どんな知り合いがいるか、どんなものを持っているか、など。)

相手がゆっくり、はっきりと話した場合に簡単な意味合いが理解できる。

A2 – 初歩的な知識

日常生活に関連し、よく使われる表現、文を理解し使用することができる。

(人物や家族、買い物、仕事、身近な環境についてなど。)

簡単で日常的な状況においてやりとりができる。

自分の出生、学歴や身の回りのことなどを簡単な方法で紹介することができる。

B1 – 中級の言語能力

はっきりとした標準語を使った場合、

仕事や学校、趣味などの日常的なテーマならば要点を理解することができる。

その言語圏の旅行先で起こりうるほとんどのシチュエーションに対応できる。

日常のテーマ、また個人的に興味のある分野において簡単に、筋の通った表現ができる。

経験や出来事を説明でき夢や自分の希望、目標を説明でき、 計画や意見、理由、説明を伝えることができる。

B2 – 自立した言語能力

具体的および抽象的なテーマにおいてその内容を理解することができる。

自分が得意とする分野においては専門的な議論を理解することができる。

普通の会話であれば母語話者とであってもお互いに大きな障害なく

その場で流暢にやり取りすることができる。

様々なテーマにおいてはっきりと詳細に表現ができ、

時事的な質問に対する自分の意見を述べられ、

更にある意見に対する利点と不利な点を述べることができる。

C1 – 専門的な言語知識

多様な難しい内容も理解し、更に言葉の裏のニュイアンスも理解できる。

言葉を頻繁に探すことなく、その場で流暢に表現することができる。

社会的または仕事上で、教育や大学生活のなかで必要とされる言語能力を備え、

複雑な内容もはっきりと、構造をもって、詳細に、正確なドイツ語で表現することができる。

C2 – 母語に近い知識

読んだこと、聞いたことをすべて難なく理解することができる。

様々な記述、口述資料からの情報を要約することができ、

理由や説明も正しく表現することができる。

即座に流暢にそして正確に述べることができ、

すべての事柄において細かいニュアンスも明確に正しく表現することができる。

印刷 メール