JaD.

月に2回のドイツ語Cレベルクラス。次回のテーマは Konsequenzen aus dem Wahlergebnis... https://t.co/mt1Y8QjE1Z

logo web II small

旧東ドイツアンティーク雑貨の店 Ddr

DDRってご存知ですか?旧東ドイツ(ドイツ民主共和国Deutsche Demokratische Republik)のことです。社会主義国で知られる東ドイツ。なんと当時の雑貨を扱う貴重なお店が本町にあるんです!その名もDdr

東ドイツといえば「灰色の街」、正直くらーーくて質素な生活をしているイメージがありました。でも一歩お店に入ると、カラフルで、かわいくって、なんだか懐かしい雑貨がたくさん。

DDR2

「西の雑貨はシンプルなのに、東のはなんか意外とかわいいんです。」

とオーナーの山本さん。

奥さんとドイツ人の友達(ドイツ在住)との連携でお店をされてる山本さんはミュージシャンであり、グラフィックデザイナーであり、イラストレーラー!次々でてくる職業にただただ驚く私。。お店を始めたきっかけもユニーク。

 テクノ音楽の曲作り、DJをしていた山本さんは当時、フランスやドイツのレーベルから曲を出していたそうです。

ある日そのレーベルの友達が東ドイツの食器を使ってお茶を飲んでいたのを見て

「なんか素敵じゃないか!」 と魅力を感じたのがきっかけ。

DDR1

 

そんな山本さんがおすすめなドイツの地域はドレスデンとやっぱりベルリン!!

ベルリンと言えばアーティストが集まる街ですもんね。

そのなかでも東ドイツが崩壊し、ベルリンの壁が壊されたあと、旧東ドイツの持ち主のいなくなった建物をアーティストたちが占拠して作ったアートスペースがお気に入りだそう。通ですねえ。

 

DDR3               そしてそして、Ddrのおすすめ雑貨はこちら。三段プレート。

他の食器に比べると

数段お高そうなこちらの食器。

東ドイツ当時は普段は使わずに

食器棚に飾っておいたんだそうです。

一番下のお皿はデザートを

載せるのにちょうどいい大きさ。

こんな素敵な食器で優雅にお茶してみたい!

 

旧東ドイツについては大学で勉強していてとーっても興味がある私。

大興奮して旧東ドイツの旅行本と地図を衝動買いしてしまいました。

だって貴重。。お値段も良心的。。買うしかないじゃん。

JaDの本棚にしっかり飾ってます☆

DDR4

 

 

みなさん一度是非!

かわいくて、うきうきしちゃって、

ちょっと懐かしい雰囲気に浸れます。

 

ウェブショップもやってらっしゃいますよ!

印刷 メール