JaD.

月に2回のドイツ語Cレベルクラス。次回のテーマは Konsequenzen aus dem Wahlergebnis... https://t.co/mt1Y8QjE1Z

logo web II small

#107 設備の増強

CDU自ら、昔からある原子炉が安全性に不安を抱えていることを認めているが、解決できないでいる。

 

 2009年の連邦選挙の3日後、かつてのCDUの首相コッホとオッティンガーはCDUCSUの党首に、膨大な「核エネルギーの戦略と進展に関する文書」を送った。その文書は、さらに長期間原発を稼動するための道のりを証明するはずのものだった。その文書はまた「安全面に関する相違点」とも呼ばれており、原発の欠陥や古い原子炉についても述べられている。さらにこの文書によって、古い原子炉は膨大な費用で補償することはできないのだと明らかになった。むしろ今ある設備構想のせいで原子炉の増強ができないでいるのである。

印刷 メール