logo web II small

  • student german lesson
  • communication workshop language
  • JaD英会話レッスン
  • JaDドイツ語レッスン
  • JaD韓国語レッスン
  • business student english
  • Oktoberfest イベント
  • 話す・・・
  • 伝える・・・
  • 響き合う ! ! !
  • ドイツ語レッスン。。。
  • JaD韓国語レッスン。。。
  • ビジネス英語。。。
  • イベント。。。

生徒さんの声

Rina 社会人26歳 ”これからも、ここで新しいことをたくさん学べる!”

Rina 社会人26歳 「もっと自由にドイツ語を話したい!」 そんな思いから、私はこの教室に通い始めました。 大学の専攻言語としてドイツ語を始めた私ですが、 卒業後、ちょっと気を抜いていたら、その語学力はすぐに衰えてしまいました。 今あるドイツ語力をなんとか維持(できたら向上も!)させたいと思い、 ザシャの語学学校に通い始めました。 JaD.(ヤーデー)に通い始めて3年近く経ちますが、 ザシャは毎回、その時の私に一番合う方法でレッスンを進めてくれます。

aiko 幼稚園の先生 ”楽しく会話をすることが身につく秘訣"

ドイツの森の幼稚園が知りたい!!っという興味関心からドイツ語を学び始めました。 英語も話せない状態から、いきなりドイツ語を習い始めました。授業は日本語を使わずドイツ語で。ドイツ語が分からないのに、出来るのかな???とただただ始めの方は不安でいっぱいでした。

主婦 66歳 ”緊張することなく気軽な気持ちで話せる雰囲気”

ザシャのレッスンを受けるようになって早7年。最初の出会いは梅田の英会話スクールでした。個人レッスンのその学校では穏やかで気さくに教えてくれるザシャは私の指名する先生の一人でした。その後、その学校が倒産。個人でレッスンをしているとのことで受けることにしました。そして現在はザシャの教室でレッスンを続けています。スムーズに話せない私でもこんなに長く続いているのは緊張することなく気軽な気持ちで話せる雰囲気がザシャにはあるからでしょう。去年、20日間程ドイツに旅してきました。その時もネットや本で現地の情報をいろいろ調べてくれ細かいアドバイスをしてもらいました。私のつたない英語でもレッスンの成果が出、通じました。なかなか上達しない私ですが、これからも楽しんでザシャのレッスンを受けようと思っています。

Yoshi(69歳)"何とか自分の知っている英語で表現"

サーシャの授業はすべてEnglish。そして英和や和英の辞書は使いません。 何とか自分の知っている英語で表現しなければなりません。 年に何回かある、他の生徒さんやサーシャの友人たち(ほとんどが外国の方) との交流会も楽しいです。 私は最年長の生徒だろうけども、すぐに仲間に入っておしゃべりします。 もちろん下手なEnglishで。楽しいですよ。

ヴァイオリン弾き "どうにかしてドイツ語で表現したいと思わせるレッスン"

テキストにそった個人レッスンを受けていますが、 そこからさらにテキストにはのっていない情報や習慣、話し方を教えて下さるので、 いつも楽しく学んでいます。 言葉を学ぶことはその国の文化を学ぶこととよく言いますが、 正にそれを体現している教室だとおもいます。 どうにかしてドイツ語で表現したいと思わせるレッスンで、 言葉がでこなくても出てくるまでヒントをくれたり、うまく誘導してくれて、 模範回答でなくても、私が知ってる単語での表現方法を提示してくれたりします。 大人になってから言葉を学ぶことが、 こんなに楽しいことだと思わせてくれたTakae先生とSascha先生に感謝しています。

Nami 社会人「よかった・・・基礎からでも大丈夫!」

・ドイツ語できないくせにドイツ人と結婚をした私。愛は国境も言語を超える?・・・とはいかないのが現実です。実際お互いのバックグラウンドを知る・学ぶ必要があるとはずっと考えていました。また、ドイツに住めばB1レベル以上が必須となります。とりあえず独学で基本を始めてみたり、彼に教えてもらったり。そんなところ、大学でドイツ語を学んでいる友達から、JaDを紹介してもらいました。 ・「なんだか楽しそう」というのが、チラシの第一印象。東三国という立地で、ちょうど大阪の仕事場にも近かったのも、効率よく通えるかなと思いました。

Yoko 主婦 ”私から言葉を発するように方向付けしてもらえます。”

昨年夏からJad.でドイツ語学習している主婦です。 毎回緊張しっぱなしで、準備していただくドリンクを十分味わえないでいます。 1レッスン50分が長いような短いような、私にはとても濃厚な時間です。 レッスン後の放心状態、笑えます。

大学生 ”相手に自分の思っている事を伝えようとするのが大事だと教えてもらいまし た。”

  私は大学の会話の授業でJaDを知り、そこから学校の授業に対するモチベーションを高めるためにグループレッスンに通うようになりました。   私に一番足りていなかったのが、積極的にコミュニケーションを取ろうとする姿勢でした。 これはまだまだ私の中の努力課題ですが、レッスンに通い始めた頃は、何か伝えようと思っても「これって何て動詞使うんやったっけ…?」「この単語の発音ってこれであってたっけ…?」など、ミスしないように頭の中で考え過ぎて口から言葉が出てこない事が多かったです。 でも、そんな事は問題ではないと優しく教えてもらいました。

大学生 ”自然と口からドイツ語が出てくるような能力が身に付きます!”

〈JaDに通い始めて・・・〉 私は大学でドイツ文学を専攻しています。そのため今後は長期でのドイツ留学も考えています。しかし、大学ではコミュニケーションを重視した授業はほぼなく、型にはまった「教科書の中のドイツ語」しか学ぶことができません。そこで、JaDに通い始めました。  

社会人 ”ここなら、自分を変えることが出来ると思った”

  「英語って楽しい!!」そう思えたのは、体験レッスンを受けた時です。 今までの私は、完璧な英語を話すことばかり考えていたせいか、 “私は英語が話せない”や“英語って難しいもの” と思い込んでいました。でも、レッスン中、講師の魔法にかかったようにスラスラと話せている私がいました。  

大学生(TOEIC対策)”サービス精神旺盛!得るもの多し。”

英語のプライベートレッスン(TOEIC対策に特化)を受けています。 授業中にやること: 弱点分析 アドバイスを受ける 対話による特訓 リスニング内容書き取りの特訓 たかえさんのお茶を楽しむ ザッシャの大げさなジェスチャーを楽しむ など。 授業外でやること(課題): ごく簡単な洋書の音読 一日15分TOEICの勉強をする(聞く・書く)弱点補強用の教材を読む など。

大学院生 ”自然に自分から「話したい」と思えるようになりますよ。”

「授業の感想」 僕は今まで3回「JaD」で授業を受けさせてもらいました。ちなみにドイツ語です。3回のうち最初の2回は主に大学で勉強しているドイツの芸術について話をしました。別に難しい議論をするわけではなく普通におしゃべりする感じです。残りの1回は最近の出来事について話しました。最近見た映画だとか、あと美術館に行った話、趣味で行った工芸教室の話など。こんな風に日常の出来事を話すのももちろんOKです。  

社会人 ”ぼそっということもちゃんと聞いてくれている”

授業体験レポート!!   4月14日土曜日11時から、英語のプライベートレッスンを体験しました! 私のしたいことは、とりあえず英語を楽しく話したい!ということで、 どんな授業を受けられるのかなーとわくわくしていきました・・・   挨拶のあとに、 “so…what do you want to talk about, today?”という質問。 “hmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm” いきなり、こっちにふられた!とちょっと焦るわたし。“そうだ!ここはちょっとふつうの英会話スクールじゃないから自主性が大切っていうことね”となんとなく納得して、ここにくるまでに、人生で初めて盲導犬をまじかで見たので、そのことと社会について話したい、と伝えて、レッスンスタート!  

Nanniの日本滞在ブログ Nr. 1

Hallo ( ̄▽ ̄)ノ (日本語は下に続きます!)

Nach drei Tagen Japan möchte ich euch nun von meinen ersten Eindrücken berichten.

Vieles ist auf den ersten, flüchtigen Blick ähnlich mit Deutschland. Das einzige, was mich in die Realität zurückholt und mich daran erinnert, dass ich Japan angekommen bin, sind die Kanjis; sie haben mich überwältigt. „Du bist in Japan, Nanni, soweit warst du noch nie von Zuhause weg.“ Glücklicherweise hat mich Takae abgeholt, sodass der Stress an den Fahrkartenautomaten für mich als Ausländer erst mal erspart geblieben ist. *puh*

Gestern hat Sascha mir gesagt: „Schau dir Osaka-Jo“ an. Gehört und direkt umgesetzt: von JaD zu Fuß nach Mikuni und danach nach Umeda. Und ab dort zu Fuß bis Osaka Jo. In Mikuni hat mich der Fahrtkartenautomatenstress doch wieder eingeholt, weil es keine Englische Ausführung gab.

20150218 122312

Mit Japanisch, Händen und Füßen habe ich nach Hilfe gesucht, und sie bei einem えきいんさん gefunden (der Mensch, der an der Station hinterm Schalter sitzt und dort arbeitet und sich um verklemmte Automaten, Wegbeschreibungen und verlorene Touristen kümmert). Er hinterließ einen bleibenden Eindruck bei mir, den viele andere Menschen aus der Dienstleistungsbranche an jenem Tag bestätigten sollten. Was genau haben sie alle anders gemacht? Vielleicht liegt es daran, dass Japanisch eine Höflichkeitsform hat. ...です...ます...おねがいします…da kommt man sich wirklich wichtig vor. Phrase, gefolgt von einer leichten Verbeugung. Jede Reaktion meinerseits, jede Verhaltensänderung wird aufmerksam verfolgt und es wird versucht auf meine Bedürfnisse einzugehen, noch bevor ich diese äußern konnte. Soso, denke ich mir, der Kunde wird hier also gepäppelt.

Eine andere Sache, die mir echt überall aufgefallen ist, waren die Männeken, die auf Schilder und Plakate gemalt wurden.

DSC 4634

Klar, man kann auch wie in Deutschland einfach nur hinschreiben „Physiotherapie“ und darunter alle möglichen Behandlungen aufzählen. Aber so ist es doch viel anschaulicher! (^_-

Baustellenschilder

Hier wird es nicht dabei belassen, einfach nur „BAUSTELLE - Betreten verboten“ oder sonst was hinzuschreiben.

20150218 121143

Nicht wie in Deutschland mit der Keule an der Ecke stehend und nur darauf wartend, dass man etwas verbricht. Nichts hat hier die gleiche Grimmigkeit und Ernsthaftigkeit wie in Deutschland.

Für mich, der deutsche Grobheit gewohnt ist, definitiv eine willkommene Abwechslung!

Eure Nanni

 

ハロー( ̄▽ ̄)

日本に来て3日。私の日本に対する第一印象をご紹介したいと思います。

最初、パッと見た感じはドイツと似ているな、という印象を持ちました。そんな私に日本に到着したんだという現実を思い出させてくれるものが一つだけありました。それは漢字です。漢字を目にすると「ナンニ!日本にいるんだよ!今まで家からこんな遠くまで来たことないんだよ!」と威圧されてる気分。有難いことにタカエが迎えに来てくれたので、券売機で電車の切符を買うストレスからは免れました。ホッ、よかった。

ザシャに昨日、「大阪城を見ておいで。」と言われました。JaD.から徒歩で三国駅へ、そこから電車で梅田駅まで。そして梅田駅からは徒歩で大阪城まで。三国駅では結局例の券売機ストレスに立ち向かわなければなりませんでした。なぜなら英語の説明書きがなかったからです。

20150218 122312

日本語に身振り手振りを加えて助けを求め、駅員さん(駅の窓口で働いていて券売機や道案内、迷子の観光客の世話をしてくれる人。)を発見。彼からはとても強い、後に残る印象を受けました。この時に受けた印象はその日出会った他のサービス業の人々からも見受けることになります。ドイツとは一体何が違うんだろう。恐らく日本語にある丁寧語のためでしょうか。…です…ます…おねがいします…等がとても重要なようです。軽いお辞儀の後に言葉が続きます。自分を小さく見せることなくお客さんを立てる。私の反応や態度の変化一つ一つがよく観察され、私が何か言う前に要望に応じることに努めている。そんな感じでここではお客さんは身を委ねることができるんだな、と思いました。

他に目を引いたのは看板やポスターに描かれている人のイラストです。

ドイツみたいに単に「整体」と書いた下に治療内容を羅列してもいいんでしょうけど、イラスト付きの方が分かりやすいですよね!(^_-

Baustellenschilder

書かれているのはただ単に「工事現場につき立ち入り禁止」だけではないです。

20150218 121143

ドイツのように道角に棒切れで立てられて、ただ禁止事項が書いてあるだけではなし、ドイツのような辛辣さや真面目っぷりもありません。

ドイツの無作法さに慣れている私にとっては間違いなく喜ばしい環境の変化です!

ナンニより

印刷 メール