JaD.

月に2回のドイツ語Cレベルクラス。次回のテーマは Konsequenzen aus dem Wahlergebnis... https://t.co/mt1Y8QjE1Z

logo web II small

# 5 鉱山から生まれる癌

ウラン鉱山は癌を引き起こします。

ウラン鉱山とその廃棄物からの放射能と毒物は労働者や住民達を病気にさせ、癌の発症率をあげます。

旧東ドイツのヴィスムートウラン鉱山で働いていた当時の作業員およそ10000人が放射能によって誘発された肺がんで苦しんでいます。キルギスのウラン鉱山都市Mailuu-Suuに住む住民で癌を発症する人は他の地域に住む人々の2倍の数です。1995年から1990年にかけてのGrantsウラン鉱山(ニューメキシコ/アメリカ)でも同様に癌発生率と死亡率の上昇が確認されていますウラン採掘による大規模な健康被害はニューメキシコのナバホ族、ポルトガル、ニジェールそして他のたくさんのウラン鉱山地域でも確認されているのです。

印刷 メール