JaD.

月に2回のドイツ語Cレベルクラス。次回のテーマは Konsequenzen aus dem Wahlergebnis... https://t.co/mt1Y8QjE1Z

logo web II small

#108 冷戦

 ゴアレーベン最終処分場は、東ドイツのモールスレーベン最終処分場に対する、ニーダーザクセン州の報復です

1970年代に最終処分場計画に関して全権を委任されていた地質学博士ゲァト・リュッティヒ教授は、退職後、ニーダーザクセン州首相アルブレヒト(CDU) が、専門的知見からすれば「三番手の候補」に過ぎなかったゴアレーベン岩石地帯を、なぜ最終処分場として選定したのかを明らかにしました。その理由は、 ニーダーザクセン州をも汚染の危機にさらしていた、非常に近い位置にある東ドイツのモールスレーベン最終処分場に対する、「東陣営」への報復だというので す。

アルブレヒトのモットーはこうでした:「今こそ我々も、奴らに目にもの見せてやりましょう!」

印刷 メール