JaD.

月に2回のドイツ語Cレベルクラス。次回のテーマは Konsequenzen aus dem Wahlergebnis... https://t.co/mt1Y8QjE1Z

logo web II small

#35 ケーブルの不具合

電気設備の欠陥は原発の発電の際には日常茶飯事である。深刻な結果を伴う。

2006年 夏、ヨーロッパは大災害寸前の状態にあった。スウェーデンのフォースマルク原発において、ケーブルで電気を流すときに判断ミスがあり、ショートと停電が起 こったために非常用発電機が動かなくなったのだ。あと数分で炉心溶解が始まる状態であった。同様の事故はほかにもある。ブルンスビュッテル原発では電気設 備の欠陥のせいで、1976年の原子炉の運転開始以来、非常時そして後続の冷却システムを使うための十分な非常用電気を供給することができなかった。さらにビブリス原発は間違った、粗野な、ぞんざいに作り上げられたケーブル敷設を順次すぐに申告しないといけない。



印刷 メール