JaD.

月に2回のドイツ語Cレベルクラス。次回のテーマは Konsequenzen aus dem Wahlergebnis... https://t.co/mt1Y8QjE1Z

logo web II small

違法移民たちの墓 トルコ、ギリシャの国境

 

トルコのイスタンブールにたくさんの難民の姿があった。

 

毎年100000人を超える難民が

ここイスタンブールを経由して

EUであるギリシャへ入国するルートをとる。

 

そのリスクは大きい。

 

ギリシャの国境近くにあるイスラム教の小さな村には

そんなよりよい生活を夢見ながら亡くなった

200を超える難民たちの墓地がある。

 

トルコには不法入国を仲介するSchreuserたちがいる。

彼らの多くもまたイラク、イラン、アフリカやインドからの難民たちである。

SchreuserたちはまずEUへ出国したい難民を集める。

料金は1人約1500ユーロ。

日本円にして約15万円ほどだが、トルコに不法滞在中の彼らにとって

これだけのお金を用意するのは難しいのが現実だ。

人が集まると30人ほどが乗れる車を用意。

小さい車なら2台に分かれ、国境近くまで乗せていく。

 

国境近くには警察、軍、そしてFrontexたちが巡回している。

見つかりそうになる度に車を留め、

難民たちを隠し、

警察が見えなくなるとまた出発する。

国境近くまで3~4時間。

車を降りると川岸までは徒歩で行かなければならない。

数時間歩くこともある。

トルコからギリシャへのルートでは海はないが

この川越えが命取りとなる。

川越えの前に警察に見つかれば

お金を払っていてもSchleuserたちは助けてはくれない。

ただ逃げるだけだ。

 

川越に成功したアルジェリアからの難民 Djamalは言う。

 

お金を払って

死ぬものは死ぬ

生き延びるものは生きる

それだけだ。

 

川を越える時、

2人が死んだ

もう終わりだと思い

母を呼んだ。

自分は運良く川の中から抜け出せた。

 

毎日子供が死ぬ。

この前シリアから家族が4人の子供を連れてやってきた。

6ヶ月の赤ちゃんと2、3歳の子供たち。

寒いのに十分な服もなくここへやってくる。

 

 

川越に成功し、びしょ濡れになった難民たちは

ギリシャの小さな村ネアヴィサにやってくる。

夢のEU

だがこの村に職はない・・・。

 

続く

 

ARD Friedhof der Illegalen より

印刷 メール